カテゴリ:ドイツの料理( 5 )

マチェスの塩漬け (北ドイツ料理)

激安スーパー「ALDI」でお買得品だった
「マチェス(Matjes)」を買いました。
私の大好物であり、義母(婚約者の母)の大好物でもあります。
女性に人気があるのかしら?

d0227024_1629798.jpg


d0227024_16481273.jpg
 「マチェス」とは、
 若いニシンの酢漬けのこと。
 もとは、
 「オランダ料理」だったようです。

d0227024_16485264.jpg
 家庭で酢漬けする事はマレで、
 すでに酢漬けにされたものを
 スーパーや魚市場で買います。


d0227024_1650732.jpg
 そのまま食べると、
 かなり塩っぱいっ!!

 なので、今回は、
 「ホウレンソウのソース」を添えて、
 口当たりをまろやかにしました。
[PR]

by flensburg | 2011-03-17 16:21 | ドイツの料理

パプリカの肉詰め (ドイツ料理)

婚約者が風邪をひきました。
彼の体内に大量のビタミンCを注入するべく、
「パプリカの肉詰め(Gefuellte Paprika)」を作りました。
パプリカは、イチゴ、レモンに並ぶ、ビタミンCの王様です。

d0227024_17485040.jpg


d0227024_17432074.jpg
 作り方は、
 北ドイツ料理の
 「フリカデレ(Frikadelle)」
 ベルリン料理の
 「ブレッテン(Buletten)」
 と同じ。
 ようするに、ハンバーグです。

d0227024_1744495.jpg
 タマネギの代わりに、「エシャロット」、
 ナツメグの代わりに、「パプリカ」と「マスタード」、
 大量の「パセリ」、「グリンピース」、
 野菜スープで25分間 茹でた「お米」を入れました。

d0227024_17443928.jpg
 パプリカに肉を詰めて、
 フタをします。
 これをアルミフォイルに包んで、
 180度で50分間焼きます。

d0227024_17451260.jpg
 付け合わせに、
 「マッシュルームの白ワイン蒸し」
 ササっと作りました。
[PR]

by flensburg | 2011-03-15 17:40 | ドイツの料理

ショレのソテー (北ドイツ料理)

さっそく、
お魚市場で買った「ショレ(Scholle)」をお料理しました。

d0227024_17375572.jpg



 ショレは、日本でもお馴染み
 「カレイ」の一種です。
 ドイツの北海&東海はもちろん、
 大西洋、地中海など、
 ヨーロッパのあらゆる海でとれます。

d0227024_1745359.jpg
 フィレ状の切り身を3枚買いました。
 これで4.50ユーロ(500円)。

 タイやウナギに比べれば、安いっ!

d0227024_17242784.jpg
 作り方は、
 小麦粉と塩コショウをまぶして、
 バターでこんがり焼いただけ。

 北ドイツでは、
 魚のつけあわせは、
 茹でたジャガイモが定番です。

d0227024_17245972.jpg
 仕上げに、魚の上に
 レモン汁をまぶし、
 ケイパーを飾りました。
[PR]

by flensburg | 2011-03-14 16:39 | ドイツの料理

貧乏な騎士 (ドイツ料理)

食べきれないパンで作った「ブロートプディング」が、
さらに食べきれず、残ってしまったので、
今度は「貧乏な騎士(Armer Ritter)」を作ってみました。
ようするに、フレンチトーストのことです。
d0227024_0393132.jpg


d0227024_040872.jpg
 卵&牛乳の液体に浸すのが
 オーソドックスな作り方ですが、

 今回は、ちょいアレンジ!
 市販の「バニラソース」を使ってみます。

d0227024_0413756.jpg
 粉末のバニラソースに、
 牛乳(スプーン8杯)と、砂糖(スプーン2杯)を混ぜて、
 溶かしておきます。
 牛乳(約400ml)を小鍋に入れて、火にかけ、
 温まったら、用意しておいたバニラソースを入れて、
 スプーンで グルグル とかき混ぜながら、
 沸騰させます。

 これでソースの準備完了!

d0227024_041273.jpg
 食べきれなかった
 「ブロートプディング」
 グラタンの皿に敷きつめ、

d0227024_0421084.jpg
 バニラソースをかけます。
 このバニラソースに卵2個を入れると、
 ソースが プルプルッ に固まります。

 オーブンで焼き、
 美味しそうな焦げ目がついたら完成!
[PR]

by flensburg | 2011-03-10 00:49 | ドイツの料理

ブロートプディング (ドイツ料理)

ドイツのパン屋さんでで売られている「朝食パン(Broetschen)」は、
朝のうちに食べないと、12時頃にはカンパンのように固くなります。
食べ残したらアウト。
パン粉にするか、鳥のエサにするか、さもなくば・・・

「ブロートプディング(Brotpudding)」にします。
d0227024_1730196.jpg
d0227024_17355950.jpg
 固くなったパンを、
 ミルク&卵の液体に浸して、
 10分間以上ふやかします。

d0227024_17563574.jpg
 そこに、砂糖、でんぷん粉を入れます。

 私のオリジナルで、
 「白ワインでふやかしたレーズン」と
 「ベーキングパウダー」を
 入れました。

d0227024_17393573.jpg
 加熱しておいたオーブンの
 一番下段に入れて、 
 170度、60分間、焼きます。

 私のオリジナルで、
 表面に「バター」を散らしました。
 こうすると、生地の割れ目が、
 カリカリに、美しく仕上がります。

d0227024_17412147.jpg
 焼きあがり♪
 少し冷まします。

d0227024_1742795.jpg
 粉砂糖をふりかけてお化粧すれば、
 完成!!!

d0227024_17464883.jpg
 断面はこんな感じです。
[PR]

by flensburg | 2011-03-09 17:52 | ドイツの料理